子どもの残酷な心に震える……!「友達が奴●市場で売られてた(けもみみ駅さま)」感想・レビュー!

エロ同人

今日も元気にエロ同人!

最近更新が少な目なのは、夏休みを満喫するために、ライターさやかがお仕事をいっぱいしているからです(現実的ダナーww)

でも世の中には今日も面白いエロ同人があふれている!! これは買わなければ!!

……ということで。レビュー書き待ちだった作品を少しずつまたレビューしていきたいと思います!

 

「ひとのこころは、ざんこく」

 

今日はそんな作品をひとつ、紹介します。

 

「友達が奴●市場で売られてた(けもみみ駅さま)」感想・レビュー!

パッケージ
同人サークル・作者 けもみみ駅さま
販売価格 704(税込み) 
ページ数 41ページ+差分
ジャンル 退廃・背徳・インモラル・幼なじみ・包茎・売春・クンニ・おもらし
見どころ 幼なじみを「奴隷」として買った少年の残酷な欲望
評価 エロさ :★★★★★
絵・CG:★★★★★
物語性 :★★★★☆

 

あらすじ

男みたいな性格の幼なじみがいた。名前はシリカ。
一年ぶりに会った彼女は……あろうことか、奴●市場で売られていた。

奴●……奴●……って……?

困惑と興奮の中、俺は友達を買った。

 

男女ですが、まだ「一緒に遊ぶ」ような年齢の子たちが、駆け回っているようすから、物語が始まっていきます。このふたり、これからどうなっていくのでしょうか。

 

 

主人公は男の子のほうです。友達は女の子ですが「男みたいな性格で」「よく何かやらかして大人に叱られている」アグレッシブな子のようです。名前はシリカ。

「なー。本ばっか読んでないで、あそぼーぜ」

そんなふうに誘ってくるシリカ。

 

 

そんなシリカの姿を、ある日突然見なくなります。
そして、一年という月日が流れます。

 

シリカは、奴隷市場で売られていました。

 

 

「どれい」の意味もまだはっきりと認識していない主人公。
しかし。シリカの体つきが明らかに発育しており、自分とシリカはすでに男と女である、という現実を認識してゆきます。

 

 

そして。主人公はシリカを買うことに決めるのです。

「この間まで一緒に遊んでいたシリカが、簡単に俺のものになった」

その現実が、主人公の理性を奪ってゆきました。。

 

ちょっと悲しくて、ちょっとせつなくて、それでもどこか甘いかおりがする物語。
ここから物語は佳境に入っていきます!!

 

「友達が奴●市場で売られてた」の試し読み・購入はコチラ!

 

歯止めのきかなくなった主人公! シリカは抵抗するのか?

主人公は、「奴隷は、主人には逆らえない」というルールを脳内で反復しながら、シリカに言います。

「パンツ 見せろよ」
「体、使わせろ」
「奴隷、だろ」

 

シリカの最初の反応と、そのあとの態度がちょっとホロリと泣かせるものなのですが……結果として主人公はシリカを抱くことができます。

シリカの一番大事な女性器を舌でえぐって、嬌声をあげるシリカに興奮を高めていきます。

 

 

シリカのカラダすべてが「全部俺のもの」と認識していく主人公。その事実がどんどん彼を満たしていきます。歪んだ愛です。

 

この歪んだ愛のゆくえがどうなるのか。
私はこの作品の流れも結末もすごく好きです。ぜひ読んでほしいと思います。

 

「友達が奴●市場で売られてた」の試し読み・購入はコチラ!

 

あとがき

ちょっとせつないお話を紹介しました。

甘いタッチで描かれる物語ですので、普通に「抜くために」買って読んでも使えるし、漫画としての面白さ、起承転結もあってすごく良いです!! かなりオススメですので今回記事にしました!

たまには、こういう作品で心の深いところをひらいていきたいですね♡
それでは、また♡

「友達が奴●市場で売られてた」の試し読み・購入はコチラ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました