「無口な図書委員とセックス漬け。」「無口な黒瀬さん」「すみれちゃん」の感想、あらすじ含む、無口特集!!週刊エロ同人VOl.021

さやか

 

無口な女の子は、好きですか?

 

 

今週は「無口」特集!

私は今回の特集を組むまでは、「反応が薄い子よりは、感じやすいタイプの子がいいんだけどなぁ。。」と思っていました。でも、、、

「実はエロいんだけど何も言わず受け入れることで、快楽をむさぼっている」ように見える無口ヒロインたち。彼女たちを見て何を思うか、ぜひ愛すべき3作品を体感していってほしいです! そして、今回の週刊エロ同人は、「番外編」で最高の寝〇られ作品をひとつ、紹介しています。

どうぞ、最後まで読んで頂けましたら嬉しいです。

1作品目「無口な黒瀬さんは俺らのいいなり-学校生活編-」(秘密結社うさぎ)

まずは定番の「ガチ無口な女の子が、エロい男たちに好き放題される」という定番モノ……なのですが。。女の子が無口なだけで、こんなにも被虐感が出るのかと驚きます。「沈黙は金」「言わぬが花」と、世の中には余計なことを話さないことを美徳とする慣習がありますが、、はたしてこの物語の主人公「黒瀬さん」は、この状況をどう感じているのか……。

あらすじ

 

無口な「黒瀬さん」はクラスでほとんど話すことがない存在。いつも本を読んでいる。無口、そして無抵抗な黒瀬さんを、クラスの男子はおもちゃのように扱い始めます。

無理なことを「やれ」と命令したり、作中ではかなりきわどいこともさせられます。

全裸で校舎内を徘徊させられたときは教師に見つかり、最初こそ「いじめか!? 大丈夫か?」と言われるものの……無口で無抵抗な黒瀬さんはその教師にさえ……

電車の中で徐々に薄着にさせられるプレイ、放尿ショー、ありとあらゆる魔の手が黒瀬さんに伸びる!! 黒瀬さんに思いを寄せる男の子もいるのに、大丈夫なのだろうか……

ガチ無口の黒瀬さん。そんな黒瀬さんに伸びる魔の手……

全裸で校内徘徊(無人であることは確認済み)
ものすごくエロイ角度です。。

乳首クリップをつけさせられ、ブラジャーをつけることを禁止されている黒瀬さん。

ぞくっ……という反応を見ると、黒瀬さんはもしかして……

電車の中でこんな格好にさせられてしまう場面も!! この場面そこそこ長いので好きな方はぜひ読んでほしい……
……レ〇プに近い場面、乱交に近い場面を全部カットして載せてもこれほどまでに激しい作品です!! 結構激しめの描写あります。でも黒瀬さんは無口なまま……。
激ヤバすぎる「黒瀬さん」をぜひ読んでほしい!!

この作品、前作があります。個人的には前作の方が私の性癖的には合っていて好きです。「学校生活編」の方はCG作品ですが、前作は漫画です。

せっかくなので、前作の紹介も少し載せますね。(これも読んで面白かったのですよ!!)

無口な黒瀬さんは俺らのいいなり

前作の舞台は図書室です。黒瀬さんは図書委員のようなのですが、図書室にはいつも誰もいません。かわりに、ガラの悪い男たちが……(絵柄がちょっとだけ変わってますが「学校生活編」の方が新しい作品となります!)

 

旧作と侮ることなかれ、こちらにはこちらの魅力があります!! ある意味ではこちらの方がドギツイし、寝取られ要素もいい感じに含まれてますね!!

彼らは図書室の……いいえ、黒瀬さんに性的いたずらをする常連のようです。

「乳首の感度上がりすぎて、この前授業中にイッてたぜこいつ」

と言われるあたり、黒瀬さん、カラダは嫌がっていないのか……?

「ぎゃははウケるww ケツ振りダンスみたいになってんぜ!」

やりたい放題されているのに、自ら、男のモノを入れようと動く黒瀬さん……

黒瀬さんに心からの、本気の好意を持っている男子もいるんです。こういうマジメ男子と黒瀬さんがつきあえたら、幸せになれるのに……実態は、黒瀬さんに好意を持っている男子の本の返却を受け付けながら、壁で見えないようにしつつ、乱暴にバックで犯されています。
エッチシーンほぼ載せてなくてこのエロさです! この後めっちゃくちゃエロ展開になるのですが、そちらは本編でお楽しみください……!!
1作目の紹介は以上です! 次へいきますよ!

 

 

 

2作品目「近所に引っ越してきた無防備・無抵抗巨乳美少女すみれちゃんにヤリたい放題な夏(オトナテイコク)

続いて、「すみれちゃん」という無口な美少女が隣の家に引っ越してくるお話を紹介します!

あらすじ

引きこもってゲームばかりしている主人公の隣の家に、無口な美少女「すみれちゃん」一家が越してきた! どうやら母一人子一人のようで、母は仕事で夜いないらしく、主人公に向かって「すみれと友達になってあげて~」と軽く言うすみれの母。

すみれが無口で無抵抗であることを確認した主人公は、これまでリアルでは絶対にできなかったことを次々に実現させていきます。

無口なすみれはどんな反応を見せるのか……

 

引っ越してきたその日から、すみれの性質を見抜き、何をしても大丈夫だとタカをくくる主人公。正直、なんでこんなに馴れ馴れしいのに拒否らないのか、むず痒くなるレベルです。

「じゃあ遊ぼっか」

 

そんな簡単な一言で、すみれを好きなように扱う主人公。

 

「教えた通り……やってごらん……?」

フェラまでさせています! 調子に乗った童貞が!! と軽く怒りたくなるレベルなのですが、すみれちゃんが嫌がっていないので、ちょっと不思議な気持ちで読み進めていくことになります。

 

 

オタクイベントに、エロコスで参加させたり、他にもお出かけして、そのたびに好き放題やります。エロ描写がものすごく強くて多いので、そのあたりは本編にてお楽しみください!!

 

 

なんでも言うことを聞いてくれる、すみれちゃん。

 

そんなすみれちゃんは、作中で大切な言葉を小さな声で一度だけ言います。

 

それはすみれの意志によるものなのか……無口なすみれの紡ぐ小さなコトバをつかまえてほしい、絵柄はダイナミックだけど、実はこの作品、繊細なすみれの心を読み取るのが面白いのです。小さな声を聞き逃さないように、大切に読みたい一作です!

3作品目「無口な図書委員とセックス漬け。」(ゆずや)

※サークル名が「ゆずや」で作者様が「ユズハ」様です!

あらすじ

図書委員の明見さんと、ほぼ貸し切り状態の図書室でくつろぐ主人公。出会いは自然なものでした。明見という名前とは違い、ほとんど何も話さない彼女と主人公は、接点を持つのにそれなりの時間がかかりました。

しかし、ある時主人公は気づくのです……。

明見の思惑に……

無口な彼女が、「お、おもしろかったですか……?」と本の感想を聞いてきます。少しずつ心の距離が縮まっているのがわかります。

そして、ある事件をきっかけに、主人公は気づくのです。

彼女は主人公に対し「わざとパンツを見せている」ということに。

もっと素直になってほしい。言葉にしなくていいから、自分ともっと近い場所に来てほしい。

……カラダごと、つながりたい。

主人公が勇気を振り絞る場面。

無口というのはこういう時不思議なもので、受け入れているのかどうか、無言をもって返すことができるのです。特に「いいよ」とか「うん、私も好き」などの言葉があったわけではありません。すべて、静かな彼女の瞳の動きに導かれるように、進んでいくのです。

感じている時の顔がものすごくイイです……。

この物語がどうなるのか、続きは本編で……。

とても静かで、本のにおいがするような物語、です。

番外編! 寝取られ作品の最高傑作! 「過ち」(ゆずや)を紹介する!

すみません週刊エロ同人ピックアップとしてははここまでで終わりなのですが、最後に紹介した「ゆずや」様の「無口な図書委員とセックス漬け。」の作風、なんか良いですよね? この作者様が「寝取られ」を描きに描ききっている素晴らしい作品があるので、特集とは別で番外編として紹介します!

 

「過ち(あやまち)」

漫研(漫画研究会)で知り合った、ユキと主人公。

2人は文句なしに仲が良く、これからもずっとお互いを大切にしあっていきたいと思える、素敵なラブラブカップルです。主人公は漫画を描く人で、ユキは編集者志望。なので主人公は作品が描けるとユキに読んでもらう、という形で、公私ともに支え合うような、素敵なカップルなのです。

ちなみにエッチはお互い初めて同士でしたが、エッチは大好きなようで、学校の中でもいたしてしまいます。
そんな二人がエッチしている場面を、漫研をただの「たまり場」のようにしているだけの(漫画は描いていないっぽい)チャラい男が狙ってきます。。
ある日、チャラ男はユキに「作品を見てほしいから部室に来て欲しい」と呼びだします。漫研におけるユキの役割は、部員が描いた作品を読んで感想を言ったりすること。なので断る理由もなくチャラ男の待つ部室へ行きます。すると……
「(見てほしいのは)原稿じゃなくて映像作品なんだよね~」と言います。そこに映っていたのは……

ユキと主人公のエッチな姿が映像として撮られていました。
誰が見ても二人だとわかるはっきりとした動画。

二人は受験の推薦を受けることが決まっており、この動画をバラまかれたらその話が無くなる……と危惧し、ユキは「彼には言わないで」と言って自分一人でチャラ男と向き合います

最初は「フェラしてくれたら映像は消す」と言っていたチャラ男。

慣れないフェラを一生懸命頑張るユキ。すべては彼のため……。

しかしフェラでさんざん奉仕させたチャラ男は「フェラしてくれたら考えるって言っただけ」とのたまいます。。「ユキちゃんが友達になってくれたら映像流さないであげるよ」と、およそ気の遠くなるような、どうしようもない提案をされるユキ。

「早く終わって……っ」

ユキは願いますが、果たしてユキは自らの矜持を守れるのでしょうか。ここまでに至る展開も、ここからの展開も、寝取られ好きな人が読んだらもういろいろ止まらないくらい興奮します!!

ユキはどんな思いでチャラ男と寝たのか。
ユキはどんな思いでチャラ男のものが入っている時間をやり過ごしたのか……あるいは……
ユキはどうなっていくのか……ちょっと作品としてかなり良いので番外編として紹介しました!

終わりに

寝取られで終わってしまいましたが、今回は全体を通して「無口な女の子」が出てくるエロ同人を紹介しました! 最後のユキちゃんも、ギャルとかではない、おとなしめの子ですので、ジャンル的に大きく外れてはいないかと思います。

無口な女の子って、行動で示してくる時にものすっごくエロいんですよね! 今日はそのよさを知っていただけたらと思いました!

未読の作品との出会いなどがあれば幸いです。
私も毎回、全部作品を読んでレビューしていますが、今回もステキな作品を読みふける時間ができて、それはとても素敵な時間でした。浮世のすべてを忘れるくらい、没頭して読ませてくれました。

また次の土曜日に、週刊エロ同人でお会いしましょう!

それではまた!

Written by Sayaka
Selected by Shiyouzumi

 

過去作品で無口要素の強い記事

「文学女子に食べられる」(サークルひまわりのたね)1と2の感想!
...

寝取られ要素の強い記事

「カラミざかり」(桂あいり)感想  売り上げが10万部を越えた伝説のNTR作品のストーリーを紹介します
...

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました