累計発売部数25万部越えの大人気NTR作品「冬虫夏草」がついに完結。1巻は220円の超お得なセール中!

エロ同人

8作品続いた「冬虫夏草」シリーズがついに完結しました。

完結と新シリーズ開始を記念して、現在1巻~7巻が半額&20%ポイント還元セール中ということで非常にお得です。特に1作目は53pの大ボリュームでありながら220円とお手軽価格なのでまず1巻を読んでみてほしいです。

冬虫夏草~親友の姉妹を貪る夏~

 

表紙だけ見ると巨乳推しに見えるかもしれませんが、この作品の最高の見どころはキスやフェラの描写です。この作者さんは「チューべろーず」というキス&フェラ特化の商業誌を出されてるくらいにフェラ&キス表現にこだわりがある作家さんであり、冬虫夏草シリーズ内でもエロシーンで圧倒的にフェラ描写が多いので、フェラ好きの人は必見です

 

この機会に読んでみてほしいのでシリーズのあらすじを紹介していきますね。

【重要】この作品は寝取られ作品ではなく寝取り作品です

タイトルの通り「冬虫夏草」をイメージした作品しております。

宿主に寄生した菌類が、宿主を栄養素とし、宿主の体内で菌糸をどんどん増やし、夏になると宿主の殻を破って生えてくるキノコを総称して冬虫夏草と呼んでいます。 生きた宿主にとりつき、その宿主を殺して成長することから、“殺虫キノコ”という恐ろしい名前もついています

つまり主役はキノコの方です。寝取り作品なんですね。

 

この作品の凄いところは、なんといってもそのボリューム。

全8巻250pをかけて宿主に寄生し、じっくりと時間をかけて宿主にとって大切な女性を寝取っていく展開を丁寧に描いています。

寝取り作品でここまで丁寧にやった作品はいままであんまりないと思います。

 

「宿主」に寄生して「養分」を食い尽くしていく「冬虫夏草」の物語

「宿主」であるミツルくんには美人な姉二人がいます。
主人公は両親を事故で亡くし、姉二人が母親代わりでした。

 

とはいえ、学校では姉二人はミツル君を助けることはできず、両親をなくしてウジウジしていたミツルくんはいじめのターゲットになりかかります。

そんなミツル君を助け、友達になってくれたのはタカシでした。

他に頼りになる人がいなかったミツルは、彼のことを全面的に信用し、頼ることになります。そして、ついに家に招いてしまいます。

タカシが最初から、ミツルの姉二人を狙ってミツルに「寄生」しようとしていたとも知らずに……。

このタカシは性格は最低ですが目的に対してすごい行動力が高い。

たまに見かける憧れの女が同級生の姉と知った時、「オレがガキだからモノにするのはあきらめるか?」なんて思わないくらい衝撃的だった。
どんな手を使ってでも絶対にモノにすると誓った!

そのため、ミツルを利用しようと決めて徹底的に擬態した。勉強やゲームも頑張ってなんとしてもミツルを通じて目的の女性に近づくまで本性を見せない。

 

そして、マリ姉が油断して心を少し許した瞬間に有無を言わさずに襲い掛かる。

 

タカシ君はクズ野郎だが、好きな女を手に入れるために一切妥協も躊躇もしない。体も張って実力で惚れさせていく

とはいえ、ここまでなら他の寝取り作品でもよくある展開です。本作品の見どころは、ここから8巻もかけてじわじわと姉を食い尽くしていくことです。

1巻ではマリ姉を無理やり犯すだけだったけれど、身体を手に入れるだけで満足することはなくマリ姉の心も手に入れようとさらに攻めの姿勢を続けるタカシ。

2巻ではミツルを利用して家庭内にも入り込んで身体を開発していく一方で、3巻では不良に絡まれたマリ姉を体を張って守ったりする。

そうやってガンガン強気で押しまくっているうちに、マリ姉もだんだん押されてしまう。

元はといえばタカシ君のせいなのに……。でも助けられて…また抱かれちゃってる。
心もカラダも…タカシ君が「強いオス」だって認めてる……

4巻になるころには、マリ姉はすっかり陥落してしまう。

この間、寄生されているミツル君とユイ姉はおかしいと思っていてもタカシの浸食を防ぐことができなかった。

4巻からは、マリ姉を足掛かりにさらにユイ姉を落としていく

 

 

こうやって、じわじわと浸食していき、最終的には……。

という展開になります。
エロシーンが多く、かつ二人を同時にいただいてしまうという展開がなかなかに熱いです。

最終巻では「寄生」主から養分を吸い尽くし、最後には宿主の殻を破って本性をあらわにする

本作品は「冬虫夏草」のイメージですから、最後には宿主から完全に養分を奪いつくした後は宿主を殺して乗っ取らなければいけません。

なので、ラストシーンでのぶちまけぶりはなかなか激しいです。

単に寝取ったことを見せつけるだけでなく、ミツルくんが「見て見ぬふりをしてきたこと」を暴き立て、ミツルの心を完全に折に行きます。このシーンがクライマックスです。

繰り返しになりますが、本作品は「寝取られ」作品ではなく「寝取り」作品です

これはたぶん本作品は「寝取られ」作品ではなく「寝取り」に特化した作品だからでしょう。

宿主であるミツルくん側の視点から「寝取られ」作品として読むと、寝取られ役であるミツルくんがあまりにも無防備すぎるというか、物語にほとんど絡んでこないので物足りないと思います。そもそも姉二人はミツルくんのことが好きなわけではありません。本当に姉として大事に思っているだけですからね。

しかし、本作はミツルを利用するだけ利用して姉を奪っていくタケシ君側の視点から寝取り作品として読むと非常に面白いです。

NTRといった時に「寝取られ」じゃなきゃだめだ!寝取られるのが好きなんだ、という人には本作はお勧めできませんが、「寝取られも寝取りもどっちもあり!」という人や「寝取り」に興味があるという人はぜひ試してみてください。

 

「冬虫夏草1」を220円で読む(FANZA)

 

【関連作品】寝取り・寝取られ作品のおすすめ

「寝取り」作品としてはこちらもお勧めです。

熱すぎる片思いがNTRを生む「十年後の八月 君と。」が最高!
...

 

「寝取られ」が好きな作品はこちらの2作品がとてもお勧めです

チ〇ポやセッ〇スだけでなく心でも完全敗北する至高のNTR作品「君の涙の理由を俺はまだ知らない。」
...
「カラミざかり3」 寝取られスキーにとって最高の終わり方を描いた作品。ラストシーンの最高の笑顔をぜひ見てほしい
...

 

当ブログの管理人は特に「寝取られ」が好きなので、寝取られ作品は多く紹介していますので、是非他の作品もチェックしてみてください。

みんなでエロトーク TOPページ
...

コメント

タイトルとURLをコピーしました