【閲覧注意】えげつないけど、刺激的で美麗で最強に容赦ない!「 女勇者のオーク暴行録(サークル:ニワトリ仙人)」本日発売開始!!

エロ同人

こんにちは、さやかです。

ツイッターをフォローしていただいている方はご存知かもしれませんが、私のツイッターアイコンは、「ニワトリ仙人」先生に依頼して、描いていただいてます。ポールダンスを愛する私の心情と、少しだけ私本人に寄せてくださったイラストで、とても満足しているものです。
(アイコンのイラスト載せます)

 

さて……ニワトリ仙人先生は、ツイッター等で見る限り、同人誌を描く時間がとてもタイトな生活で、今回のような20ページ越えの作品は、約1年ぶりとなります……!!

それでも私のような読者が追いかけているのはなぜかと言うと。

特殊性癖の極み

なのです!!!

カワイイ女のコが男性に尽くす? 男性に甘える? いちゃラブ? すみません今日はそういうのではないです。

食べ物を女性器でクラッシュ、それを男子に食べていただいたり、女性が溜まっていた性欲や鬱憤を男子で解消すべく、常に女性上位でのエッチなことが続いていきます。


作品については、ちょっと閲覧注意です! 
正直、この作品で抜けたら、立派な変態の称号を私から直接贈りたいくらいです笑


私は食べ物をクラッシュすることや、床に落ちたものを食べさせたりする場面で抜ける変態女
なので、エッチ場面に入る前に1抜きしましたので誰か褒めてください()

【閲覧注意】前半の、読んで大丈夫なところまでまず書きます。「 女勇者のオーク暴行録(サークル:ニワトリ仙人)」感想・レビュー!

パッケージ
同人サークル・作者 ニワトリ仙人先生
販売価格 440(税込み) 
ページ数 24ページ
ジャンル 痴女・筋肉・腋毛・陰毛・女性上位・逆転なし・退廃・背徳・インモラル
見どころ 逆転なしの完全女性上位もの!!!
評価 エロさ :★★★★☆(これでしか抜けない人もいます)
絵・CG:★★★★★
物語性 :★★★★★

 

あらすじ

オークと女勇者たちのイチャラブプレイになります!
・殴打
・けり上げ
・ヒップドロップ
食べ物クラッシュ
・顔面騎乗


もうこのあらすじの部分の書き方だけで抜ける……(´;ω;`)

※このあらすじは公式……つまり作者様が書いたものです

とりあえず、ストーリーを追っていきましょう!!
表紙の縦1枚絵。

すでにこの時点でやばたん。。

 

 

冒頭。
女パーティ4人で戦っているようす。どうやら、オークの集団を壊滅させたようです。

これは報酬がもらえるクエストのようで、ドラクエのような物語だと思っていただければすんなり入り込めるかと思います。(絵がすっごいキレイ……)

 

 

「ん?」

女勇者が何かに気づきます。
……オークの子どもが生き残っていたようす。その子どもを女勇者は優しく……手招きします。

 

 

「おい! こっち来いよ!」

しかしこの女勇者率いるパーティに一族を滅ぼされてしまったオークの子は、心を開くはずもなく……

「ガウッ!」

と女勇者に噛みつきます。そして女勇者が取った行動は。

「優しくオークの子を保護する」です()

 

 

そう、自分たちの泊まる宿屋に連れて帰り、保護してあげるのです。優しいですよね()

マスターはここで
「俺なら、親と一緒に葬ってやるがな。悪趣味な女どもだ」
と言っています。一理も二理もあって返す言葉がないですね()

 

 

 

【閲覧注意】狂宴はこれから……オークの子の運命はいかに!? 食べ物クラッシュ等、特殊性癖の幕の内弁当!!!

※ここから閲覧注意です。過激な描写があります

 

宿屋の部屋に着くなり、オークの子は格闘家の蹴りをくらいます。あまりの勢いと強さに、オークの子は胃の中のものを吐き戻してしまい……

しかしそれを見ていた魔法使いのお姉さんが、優しく魔法用のステッキを出し、

「ふふふ、苦しいねぇ♥ でもまだくたばらないで……

 

 

ね!」

(この2ページにまたがっての描写、紙の本で読んだら最強の見開きもしくはめくりになると思います!! こういうコマ割りの細かな部分がもはや芸術……)

……格闘家もオークをいじめましたが、むしろ骨が折れるほどの強打を与えたのは、この女魔法使い。救いのない部屋に響く、オークの子の叫び声。

 

 

そして、、女勇者は「あっつ、服ぬご♥」と言って上半身裸になります。
少し高いところに乗って

「じゃあ、行っきまーす♥」

……一体なにをするのかわかりますか?

ネタバレになるのでご想像にお任せしますが、かなりエグイです。その結果、僧侶が近くにやってきます。回復魔法をかけるためです。

 

 

見かねた僧侶が回復魔法をかけて、オークの子を復活させます。
しかし、優しさの回復魔法ではなく、死なせないための回復魔法であることは想像できなかった。。

ただ、この僧侶のおかげでオークの子は食事にありつくことができます。

 

 

「酒ばっかり飲んでてほとんど食べていなかった」女勇者たちのディナーの残り。

これを僧侶が優しく……床にばらまきます。

 

 

床に落ちている食べ物を食べる姿って……めちゃくちゃいいですよね……
なんかこう、知識のある生き物としてのプライドを捨て去った感じがして。

 

オークの子、かわいい♥

 

 

その食べ物を。
女勇者は。
容赦なく素足で踏みつけます。

 

その後も……

オークの子に舐めさせたり。(ネタバレ禁止なので書きませんが、すべてのプレイがきれいにつながっています)

 

 

オークの子が自ら顔を突き出して、女勇者のあそこを舐めています。

 

そして物語はクライマックスへと。
女勇者と、僧侶。

どこに座っているのでしょうか。二人はお互いを見て興奮しています。百合最高。。

 

 

そしてそこへ参戦する、格闘家と魔法使い。
二人とも息遣いが荒く、とってもセクシー。

 

 

あああああネタバレできないからほとんど書けなかった……!!!

とにかくすごい作品です……!!
後味は鬱味ですし、胸糞なんですが、気になる場面があった方はぜひ読んでみてほしいです!!

 

 

あとがき……!!

いかがでしたでしょうか。

これが、私のイチオシの作家様の、イチオシ作品となります。私が真に興奮するのはこういう作品なのです。ちょっと変態かな?笑

人間って、いろんな顔を持っていていいと思います。そして、ことエロ同人に関しては、そこに自由があって良いというのが私の考えです。

法律とかそういうのは、実社会において遵守すべきものであり、エロ同人の中では人は自由でいい。ふだんできないようなことや、もしも自分がその世界線にいたらやってみたいことを、どんどん妄想して、それを具現化してくれているものを探していけばいい。

わたしにとって、たまたまそれがこの作品をはじめとした、「特殊性癖」カテゴリであった……それだけのことなのです。

ここまで読んでくださったみなさま、特殊性癖の世界へようこそ!

引き返しますか。
それとも……もう少し進んでみますか。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました