【著:使用済】俺選!2020年上半期に買ったエロ同人ランキング!!

使用済み

「お前を使用済みにしてやろうか!」
フハハッ!エロマンガ大魔神こと、使用済み(という名前のライター)だ。

 

今回は、上半期に買ったエロ同人の中でも素晴らしい作品をランキング方式で紹介しく。

ランキングの基準は、「エロさ(ヌいた数)」です
ストーリー・画力・売れ行きなど色んな基準はあるかと思うのですが…今回はエロいことに重点を起きたいと思います。
客観的なランキングはFANZAやDLsiteの売上ランキングを見ていただくとして…あくまでも「俺選」という軸を貫いて語っていこうという企画でございます。

その他備考として
・シリーズモノは、1作品として扱います。
・「ぼくがここ半年で買った作品」なので、発売日はもっと前のものも混じってます。
・私個人のランキングです。サイト全体のものではありません。
この3点を、ご了承ください。

では、始めるとしよう…。

 

第10位 旧校舎裏文化祭 #2 ご注文は交尾ですか?

パッケージ
同人サークル・作者 にゅう工房

動物コスしながらエロいことさせるのって、いいよね!

ストーリーとしては
「催眠状態の女の子が、性的なサービスをしてくれる【旧校舎裏文化祭】に冴えない主人公がお呼ばれする」
という話。

催眠状態だからこそ、恋人にお願いできない動物みたいなプレイも要求できるのがシコい!

「旧校舎裏文化祭」は3作品に渡るシリーズものなんですが…単作の魅力と、続けて読んだ時と続けて読んだ時の魅力が違うところが面白い。

それでいてシリーズ構成がしっかりしていて「セックスの楽しさを知る男の姿」がちゃんと描写されてるのも、かなり面白い。

ヌキどころが多く、DLsiteやFANZAでよく値引きされている作品なので、値引きのタイミングをみつけて是非買ってほしい。

シリーズ3部作、どれも違うエロさがあって面白いですよ
https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_121767%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

催眠状態だからこそ、普段会話もしたこと無い女の子たちともセックスができる。
普段のことを知っている主人公はそのギャップと、エロくなってもどこか彼女らしい姿にエロさを感じて、セックスに興じる。

 

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_146115%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

2作目。動物にコスプレした女の子達との「交尾」がめっちゃエロい!
ファンタジーだからこそできる強烈なプレイが興奮をそそる!!

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_168769%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

ラストが素晴らしい3作目。
催眠モノを多く描く作者だからこそ考えついたであろうアイデアが、とても良かった。

第9位 十年後の八月 君と。

パッケージ
同人サークル・作者 スルメニウム(谷口大介)

10年間思い続けた彼女がどうしても諦めきれない…そんな男の「寝取り」を描いた物語です。

この作品についてはエロさよりもむしろ「ストーリーが素晴らしく、深く共感して射精できる点」が素晴らしい作品でございます。

作品のテーマ自体が
「女の子の気持ちいいセックスはじっくり時間をかけて心と体をほぐしていくセックス」
なんですが…、男性もやっぱり「じっくり」と深く楽しめるエロがあるんですね…。

少ないヌキどころで、濃ゆい射精と経験値…そんな体験をしたい人におすすめの1冊です。

作品ページとレビューのご紹介
https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_177445%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

134ページという同人作品では珍しいほどの長さ!
でも、この長さがしっかりとしたストーリーを描くことに繋がってる。

熱すぎる片思いがNTRを生む「十年後の八月 君と。」が最高!
...

エロくないパートでもいっぱい語りたいことができてしまったため、レビューはすごく考え込んだ。
でも、書き終わると、作品が深かったからこそ「語り尽くした達成感」に満たされた!

第8位 射精管理制度が無い県から来た男の先生

パッケージ
同人サークル・作者 NAITOU2(F4U)

女の子がエロを知る姿×飲み込まれてる男はやっぱエロいね!!

この作品も「ストーリーがしっかりしてるからエロい」というタイプの作品です。

「ヌキどころ」が多い作品ではなく、「読み進めるほど、ゾクゾクしていく作品」「エロを知るほど表情豊かになっていく姿に、ヒロインが好きになっていく作品」なんです。

女の子を思いながらオナニーする時って…やっぱその子がメスの顔に変わった時のギャップと、セックス中に色々してくれた優しさを思い出しながら射精するのです。
ストーリーに「女の子がエロく見えてしまう瞬間」「自分だけに見せてくれる表情/エロさを見つけてしまった瞬間」をしっかり凝縮できているんです。

メスの顔に切り替わっていく女の子が、表情豊かに描かれていく姿は…脱いでなくてもゾクゾクして抜けるんですよ…これをぜひ味わってほしい。

ストーリーがエロの本質をしっかり打ち込んでるのがいいですね…。

 

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_177972%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

第7位 全裸露出徘徊オナニーにドハマリした変態後輩マシュ=キリエライト

パッケージ
同人サークル・作者 青ばなな

120%俺の趣味!!

この本は、FGOの革を被った、オリジナル同人誌。

確かに、FGOキャラが出てて、FGO同人であることは間違いないのです。
しかし、「全裸露出徘徊オナニー」というあまりにもユニークで、あまりにもインパクトのあるプレイをやってのけるため…FGOを知らない人でも、その豪快なプレイが読んでて癖になるのです!

作品自体がエロいというよりも「オナニー中のエッチなテンションが伝播してきて、マシュと一緒に射精できる」という感じ。
でも、一度ハマると抜け出せないんだよなぁ〜この作品は。

 

作品ページとレビューのご紹介

ほんとこれは伝説です!
FGOわかんない人にも是非読んでほしい。

俺氏、FGO知らないのにマシュ全裸露出徘徊オナニー本にハマる!
FGO全然知らないぼくが、FGO関係なく「これは面白い」と思ったマシュ本を紹介します。正直、この本で1日最高5回○ナニーして腰痛を患いました。そんなシコる手が止まらないシコルスキーになれる本です。

コンセプトがシンプルだったからこそ、すんなりレビューが書けた作品。
全裸露出徘徊オナニー」というパワーワードがあまりにも強いから、そのすごみをしっかり紹介するだけで最高のレビューになるからとても書きやすかった。

 

第6位 ラブコメ主人公が友達にヒロイン全員寝取られるお話

パッケージ
同人サークル・作者 ハムスターの煮込み(もつあき)

今上半期の問題作!!

イケメンでモテモテのラブコメ主人公から、猿田くんというセックスにアグレッシブな男友達が「思い寄せる女の子たちを寝取っていく」というエロマンガが、健全なラブコメに喧嘩を売ったロックンロールすぎる作品です。

色物っぽく見えるけど、この猿田くんはエロマンガの歴史に残るほどすごい主人公です。

正直、ぼくはこの作品で、エロマンガの読み方が変わりました。

エロマンガは、エロい女の子を見るマンガ。
そんな風に考えていた時期がぼくにもありました。

でも、このマンガを読んで変わりました。
オスの中のオスを楽しむ…笑って射精するエロマンガがあるんだと知りました。

 

理屈っぽい魅力ももちろんあるんです。(それは、読んでお楽しみください)
でも、とりあえずここでは「猿田くんこそオスの中のオス」と感じさせる力技を見てほしいんですよ…。

男の主張が、強すぎるわwwww

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_178155%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

 

第5位 スカートと寄生虫2(「スカートと寄生虫」シリーズ)

パッケージ
同人サークル・作者 カシノ木(緑のルーペ)

騙されたと思って読んでみてほしい!!

蟲姦というマニアックすぎる性癖を描いているにも関わらず、女の子の等身大の愛情がエロくて抜けるんですよね…。
ただ、女の子がピュアに愛情を注ぐ相手が…蟲となるとエロさの中に業の深さが出てきて、ゾクゾクするんですね。

ましてや、セックスが好きになりすぎた後の彼女の言葉が…それはもうインパクトあるんですよ。

 

すごく業の深いコラボレーションなのですが…読みながら感じるエロさと豪快さ…そして、エロが生活感に溶け込んでて女の子が乱れる姿を一緒に感じられる臨場感…。

これが抜けるんですよね…。

シリーズ作品のご紹介
https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_160260%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

1作品目。蟲についての設定事項が多め作品。
虫が成長するにしたがって彼女の好みや考えも変わっていくのが、不気味なような、楽しいような…ゆでガエル的に、視聴者と主人公を緩やかに背徳にいざなう作品。

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_178208%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

2作目。1作品目を読んでいると設定の深さも楽しめる一方、2作目だけでも「ハードプレイのエロマンガ」としてしっかり成立しているのがすごい!蟲関係なく、内容の突き抜け具合がすごい!!

 

第4位 父の愛人19歳(「父の愛人」シリーズ)

 

パッケージ
同人サークル・作者 カシノ木(緑のルーペ)

緑のルーペが2作品連続で、ランクイン!

この人が持ってるインモラルで、生活感のあるエロさは…「エロい」という軸でエロマンガを語るなら、飛び抜けていますね…。
しかも、この作品は商業誌の続きを描いた同人作品なのですが…これは連続でも単品でも強いです。

しかもですね、この作品はたちが悪いことに…「自分の娘と恋仲になった父親」を描いてしまってるんです。
エロマンガの世界は広いので「近親相姦」自体は定番なのですが…10歳〜19歳まで、成長に合わせて交際が深まっていく時間を描いていくという「究極の近親相姦」を描いているんです。

近親相姦と一口に言っても色んな側面があります。
レイプ願望もあれば、育てているうちに愛情が湧いてセックスしたいと思う純愛…両方あります。

でも、この作品に限らず、緑のルーペ先生の近親相姦は一人の女のすべてを自分のものにしたい/すべてを仕込みたい」というこれ以上無い支配欲なんです
だから、父親なのに甘えるし、Sっ気のあるプレイもしますし、子どもも産ませます。

すごく背徳的で最低な内容なんです。
でも、「もし一人の女のすべてを自分のものにできたら…」という至福の妄想が形になっているすごい作品なんですね…。

シリーズ作品のご紹介

商業誌で連載された娘の愛人シリーズが掲載された本。
10〜16歳までが収録されていて、内容もかなり衝撃的。

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_134765%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

同人誌限定の19歳のお話です。
行き着くところまで行き着いててもうすごいです!

第3位 本当に気持ちがいいのはこじらせ幼なじみとの浮気ックス

パッケージ
同人サークル・作者 A-WALKs(藤島製1号)

これは深いですね…。
性生活や交際の悩みを、落とし込んだ「生々しい」部分と、それを救ってくれる「幼馴染」の存在に頷きながら読むような作品です。

表面上は深いどころか、
「彼女がいる主人公の、望み通りに浮気エッチしてくれる幼馴染がいる」
というお話に見えるかもしれません。

ところが、性生活の悩みは意外と根深い!
女の子がみんなフェラチオしてくれるわけじゃないし、
男女関係についてのこだわり方も、女性によって大きく違う。

恋愛や程よい距離感での交際…その難しさに気づくと、
自分のやりたいセックスをしてくれて、ずっと一緒にいるために程よい距離感を維持してくれる幼馴染
はものすごくありがたいのですねぇ〜

好きな人と、愛情を伝えてくれるし受け止めてくれる人が違うことは意外とあるものです。
そんな時に、彼女のような幼馴染がいて「ずっと一緒に居てくれる」としたら…最高ですよね。

プレイのエロさではなく、存在のエロさや、エロを理解してくれる安心感に、深く射精できました。

 

作品とレビューのご紹介
https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_159921%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

これは深いよ…。

契約を超えた純愛!「 本当に気持ちがいいのはこじらせ幼なじみとの浮気ックス」が深い!!
...

好きすぎて語ってしまった

 

第2位  杏はどこでもオッケーだよ(「オナニーは最高の娯楽だわ」シリーズより)

パッケージ
同人サークル・作者 みら国(やすみみらきち)

アイドルマスターシンデレラガールズに出てくる「双葉杏」とプロデューサーの性的関係を描いた同人作品シリーズ「オナニーは最高の娯楽」が2位にランクイン!!

「オナニーは最高の娯楽」シリーズは、現在4作品出ているのですが…4作品それぞれが「交際段階の違い」に応じて、エッチややり取りが違うのがポイント。
自分の性体験で楽しかったこと、経験がなくてももっとやってみたかったことを描いてくれるから、リアル目線・憧れ目線両方で楽しい作品です。

 

特にオススメした、シリーズ2作目の「杏はどこでもOKだよ」は、日常パート、Hパートそれぞれに名シーンが多く、交際の段階としても「最もセックスが楽しい時期」なので、チョイスしました。

日常は、表情豊かでかわいく、

エッチのシーンはメスの顔でおねだりする姿が、男をその気にさせます。

アイマス知らない人でも、合法ロリや、メスガキ風に誘ってくれる女の子が好きな人は絶対読んだほうがいいです!エロさの破壊力がとにかくすごいです!!

 

シリーズ作品のご紹介

1作目。初々しい甘々なやり取りからエッチに展開していく「初情事」感がホント好き!

2作品目。関係が深まった後の、濃厚なセックス…積極的に求め合えるようになった関係が最高!

3作品目。ここからは3P。でも、正妻が双葉杏ということがブレないからこそのエロさがある3P。

4作品目。3人で温泉に行って乱痴気騒ぎ!3Pと温泉とハードプレイ…男の夢の詰め合わせ!!

アイマス全然知らないぼくが双葉杏のエロ同人にハマったから紹介する!
みら国(やすみみらきち)の双葉杏・あんきら同人誌を4冊紹介しました。アイドルマスターがわからないぼくでも、双葉杏とPの関係の進展が楽しくて4冊まとめて読んでしまいました。

本気のレビュー!熱く語りすぎて、作者本人が「この同人誌が欲しくなった」と言ってくれるほどのレビューが書けました。

 

第1位 72h耐久 絶対屈服宣言

パッケージ
同人サークル・作者 天気輪(甘露アメ)

AV撮影の現場に、年齢詐称したメスガキが入り込んでエッチする
というエロ本じゃないと大変なことになるようなお話の本です。

AV特有のイカセや開発といった調教を、生意気なメスガキに施して行くんですが…これがエロい。

セックスを通じて、女の子の体に刻み込んでいくこの営み…最高ですよね…。
男は挿入して動き放題。女の子はベットの上で爪を立てて悶えながら声を上げてエロを体に刻み込まれる…最高の時間です。

元々エッチな子で、なおかつ開発されていると…球にエロいことしても、笑顔で受け入れてくれるようになるんですね。

寝起きのキツめのマンコをそれとなく手マンするの、ぼくの憧れなんですよね〜

とにかく、ヌキどころが多い作品ですが…その中でも自分がやってみたかったり、女の子が最高に可愛く見えたり、やったことなくてもすごい征服感を覚えて興奮するプレイが描かれているのはいいですよね…。

本当におすすめの作品なので、是非見てみてくださいね。

作品とレビュー
一家に一冊は欲しいベストセラーな作品です。
こんな女の子が好き、こんなエッチをしたい…それが詰まってます。

これがメスの顔つきです!「72H耐久 絶対屈服宣言」で堕ちていくメスガキが最高にヌケる!!
話題沸騰のエロ同人を紹介しました。ドキュメンタリー風AVのパロディ作品でありながら、エッチにすごく生活感があったり、メスガキのレモンちゃんの心理描写が丁寧な作品で、エロくて、エモくてしっかり抜ける作品です。

このサイトのライターを始めた時に最初にかいたエロマンガレビューはこの作品でした。
最初の一発目にこの作品を選ぶぐらいに、好きだし、完成度も高い作品だと確信してます。

 

あとがき

好きな作品と、惹かれる作品は違う。」
ということを、ランキング作ってみて思い知らされました。

ちんちんは頭よりも雄弁です
…頭で思っている「このキャラ好きだな」「こういう女の子に愛されてみたい」という性癖のストライクゾーンよりも、ちんちんは背徳的な作品やアクの強い作品に惹かれてしまうんですね…。

具体的には、【緑のルーペ】作品の位置づけが違います。
あの人の作品は「好き」ではなく、「惹かれる」なんです。
世界観もストーリーも背徳的だし、妊娠をたくさん描きます。
…でも、少女の純粋さと、背徳や妊娠をも受け入れてしまう包容力。
緑のルーペが描くヒロインはメチャクチャエロいのは、そこなんですよね。

ストーリーや描き込みもすごい人ですから、頭で考えても好きです。
でも、ちんちんで「エロい順」で選ぶと…それ以上に、緑のルーペさんのすごさに惹かれてしまいます。

これはランキング作る前にはわからないことだから大きな発見でした。

発見があるので…よかったらみなさんも作ってみてください。
次は下半期ランキングでお会いしましょう♪^

コメント

タイトルとURLをコピーしました