実は優しいお話です「眠姦合宿 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで…」「眠姦合宿それからー陸上女子・仁木みのりと放課後の秘密の特訓…」(サークル:yogurt/ビフィダス)感想・レビュー!

エロ同人

タイトルに惹かれて買いました。

しかし、内容はタイトルをはるかに上回る緻密な設定と、漫画としての面白さ……!

そしてヒロインが陸上女子ということで、筋肉質でありながら「みっしり」と中身が詰まった感じの体つきをしています!! これは良作!! ということで前作「眠姦合宿 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで……」と新作「眠姦合宿それからー」をあわせてレビューしました!!

 

キーワードは「催眠術」になるのですが……
ほんとうに大事なのはそこじゃないです。

主人公とヒロインの「心」。これはインモラルに見えますが、実は壮大なあまあま……とも言えるのではないかと……おっと話し過ぎました! それではレビューに行きます!

 

「眠姦合宿」 陸上女子・仁木みのりと人目を盗んで…(サークル:yogurt/ビフィダス様)感想・レビュー!

パッケージ
同人サークル・作者 サークルyogurt/ビフィダス
販売価格 330(税込み) 
ページ数 41ページ
ジャンル 処女・体操着・ブルマ・寝取り・寝取られ・クンニ・体育会系
見どころ 「合宿」中に起こる事件!!
評価 エロさ :★★★★★
絵・CG:★★★★★
物語性 :★★★★☆

 

あらすじ

高身長巨乳の陸上女子、仁木みのりはクラスの華。いつも明るくクラスを盛り上げる彼女には、ある秘密があった…

ひょんなことからその秘密を知った陰キャ男子は、眠る仁木を介抱しながらも、目の前のカラダに欲望を抑えきれず…その張りのある身体を舐め回し、いじり回し、ついに仁木の処女を奪ってしまう…

眠姦生活の始まり…

 

ヒロイン「仁木みのり」は、いつも仲間にかこまれてにぎやかに過ごす女子。
クラスのヒロインを通り越して、スターのような存在。

 

 

どうやらそこには、陸上のエースであることが大きく起因しているようす。みのりはかなり才能がある選手のようです。

……なのですが。

けして運動が得意というわけでもない主人公に、軽いノリで絡んできます。共通の話題であるアニメの話で、みのりは自分の好きなキャラクターの魅力をサラッと語ります。

そのようすがあまりに自然すぎて、主人公は嬉しいのに、ちょっと照れ隠しというか、そこまで会話に乗らずにみのりをやりすごしています。「自分とは違い過ぎる」そんな思いからの照れ隠しです。

 

 

みのりって、超絶かわいいですよね!!
私はこの1ページでみのりへの恋に落ちました!!

 

このあと、みのりに変化が起こります。

みのりは、あることがきっかけで「陸上ができない」状態に追い込まれます。初めてそうなった時、たまたま通りがかった主人公は、みのりを保健室に運ぶよう先生に言われ、みのりをおぶって保健室へ向かいます。

「ズッシリ重い。ホコリ臭い。汗臭い」

みのりをおぶった感想です。

 

 

みのりは目を覚ますと、自分の状況を話し始めます。

みのりは実は……スタートの音や笛の音など、大きな物音がダメになってしまっていたのです。それで、スタート地点で気を失って倒れるということが何度かありました。ただ、周りには「大きな物音がダメ」ということは、この時点ではまだ伝えていなかったのです。

「私、役立たずだぁ~」と顔を押さえるみのり。

 

 

そのタイミングで、保健室の椅子にヒビが入っており、それが折れて「パキ!」と音が鳴ります。すると……

また、みのりは気を失ってしまいました。

もはやこれは「音による催眠状態」と言って良いレベルでした。

これまでも、主人公が拒絶するから深い話をしなかっただけで、主人公には心を許し、よく話しかけていたみのり。そしてそんなみのりのことを実は、複雑な心境で想っていた主人公。

目の前で完全に気を失っているみのりを前に、主人公は……

 

 

悪いと思いつつも、みのりの胸を露出させてしまいます。
そこからは流れるように……。しかし。

 

 

……コトの一部始終はみのりの夢の中にしまわれていきます。

 

みのりはこの日主人公にされたことを覚えてもいないし、これまでどおり、いえ、それ以上に親しげに「保健室まで運んでくれてありがとう」という感謝の気持ちを伝えてきます。

 

そして……みのりは一旦競技ランナーをやめ、マネージャー業務をすることに決めます。その際、主人公にも声をかけ、一緒にマネージャーをすることになりました。

マネージャー同士ということで、これまで以上に接点の増えたふたり。
誰もいない体育倉庫で二人きりのタイミングで。

 

 

主人公は自らの意思で、手をたたきます……!! そう、これは催眠の音。
主人公はまたしてもみのりに催眠をかけてエッチなことをしてしまうのか……!?

 

 

 

「眠姦合宿それから」ー陸上女子・仁木みのりと放課後の秘密の特訓… 待望の続編! 感想・レビュー!!

パッケージ
同人サークル・作者 サークルyogurt/ビフィダス
販売価格 770円(税込み) 
ページ数 41ページ
ジャンル スポーツ選手・高身長・制服・おっぱい・フェラ
見どころ 今作ではヒロインが主人公に、甘くやさしい催眠をかけるところ…♡
評価 エロさ :★★★★☆
絵・CG:★★★★★
物語性 :★★★★★

 

あらすじ

「眠姦合宿」の仁木と石田の二人の、その後を描きます。

クラスのスターにして陸上部のホープ、高身長巨乳の仁木みのりは、ある日を境に、激しい音を聞くと気絶する体質になってしまった。そんな仁木の秘密を知ったクラスの隠キャ男子、石田は人目を盗んで仁木を眠らせ、●すようになっていたが…

「眠姦合宿」での事件を境に、二人の関係性は変化を見せ始める。

 

待望の続編です!!

相変わらず、みのりと主人公(石田)の仲はとてもよく、みのりは石田に対して普通以上の感情は持っているように見えます。仲の良い男友達……という距離感でぐいぐい接してきます。

一応、関係性としては「陸上部のマネージャー同士」。
なので、石田が読んでいる本は陸上のために読んでいると勘違いしたみのり。

 

 

「催眠術の本? 催眠術で陸上部を強くする的な?」

相変わらずの2人のやり取りにほっこりします。

石田はみのりが「陸上で走り出すときに鳴る大きな音」で気を失ってしまう謎の症状を、なんとか治してあげたく、みのりと二人で模索します。

まずはみのりに「俺の拍手ならもう大丈夫だろ」と、目を閉じた状態で石田が鳴らす拍手の音を聞いてもらいます。こわごわと目を閉じ、なんとか拍手の音を聞いても意識を保つ、みのり。

 

 

少しずつ回復しているように見えるみのりですが。

この瞬間、外で練習している陸上部のスタートのホイッスルが鳴ります。それを聞いたみのりは、またしても気を失ってしまいます……。やはりまだ完全回復には長い道のりが待っている予感がします。。

 

 

そして、主人公の石田は、もう催眠にかけてみのりの体を弄ぶことをやめようと考え始めます。物語がゆっくりとですが、まっすぐに走り出そうとしていきます。

 

ある日。

みのりは「もう一度走ってみよう」と自分でスタートを切って走り始めます!! その姿を見つけた女子生徒は、「みのり、復帰したんだ!!」と嬉しそう!!

やはりみのりはスター的存在なのです……!!

 

 

しかし……

「がんばれー! みのりー!!」

この声を聞いたみのりはまたしても……その場で倒れ込んでしまいます……。どうやら、「大きな音」だけが引き金ではないのかも……!? そんなことを思わされる一幕。。

 

 

……みのりは苦悩していました。

自宅で休養するみのりを見舞う石田。そこで出会ったのがみのりの母。
この母の口から、信じられない言葉が飛び出します。

「みのりなんかの為にわざわざ悪いわねぇ」
「あの子頭も鈍いでしょ? 運動だけが取り柄だったのに」
「あんなポンコツになっちゃって」
スポーツ特待生で大学狙えればって思ってたのに」
あんなんで社会に出られるのかってみんなで心配してんのよ」

 

 

「これだ」

石田はみのりが走れなくなった理由の核心を見つけたような気持ちになり、血の気が引いていきます。この場で石田は、みのりのためにある行動をとります。

その行動の結果、今度は石田が気を失ってしまいます。

 

 

気づけば石田は、みのりの部屋にいました。
目をつぶっている石田に対し、五円玉を揺らして「あなたは深ーい眠りに落ちる……」と、ちょっと的外れな催眠術を試す、みのり。

確かにみのりは勉強や機転の面で、素晴らしいといえる人間ではないかもしれない。
陸上競技での華やかな実績をなくしたら、もうスターではないかもしれない。

それでも。

みのりは、優しい子です。
ここから、みのりはただただ優しい言葉を石田に紡ぎます。

 

「あなたは、自分に自信を持つ」
石田はいい奴です。親切な奴です
「私が、走るときも。走るのを諦めた時でも
「あなたは私のそばに居たくなる

 

世界一不器用な催眠術。
泣けるくらい優しい催眠術。

はたしてこの術が石田にかかるのかどうか、最後まで読んでほしいです。

 

 

あとがき

催眠で女のコを好きなように弄ぶお話……かと思いきや。
続編までしっかり読むと、単純な、そういうお話ではないことがよくわかります。

あたたかくて、優しくて、いろいろあったからこそ感じられる二人の感情があります。
このお話の序盤・中盤・ヤマ場にいたるまではハードな描写もありました。しかし。

こんなに優しいお話をわたしはあまり知りません。
未読の方はぜひ、続編まで読んで頂けたらと思います……!!

 

みのりの掛け値なしの優しさに、触れてほしいです!!
それでは、また!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました