凌辱の極み!!「仮想童話は危険がいっぱい!?」シリーズ(矢印キー、星名めいと)はエロゲ展開とアリスのアクメ顔が最高!!

さやか

本日紹介するのは、サークル名「矢印キー」、作者様は「星名めいと先生」の作品です!

 

この本は、凌辱の極みです。3編ありますが、1作だけ読んでももちろん大丈夫。もしも気に入ったら、続きが欲しくなってしまうと思いますが、そのあたりは試し読みでご確認ください! 私は1~3に加え、「IFボロ負けバッドエンド編」も購入して読了済みです(凌辱好きかよ)

 

では、「仮想童話は危険がいっぱい!?夢見がちな少女編」の1~3(+IFボロ負けバッドエンド編)を順番に紹介していきます!

 

本作はリョナ要素があります。

リョナとは、インターネットスラングの一つで、戦うヒロインなどの女性キャラクターが戦闘で劣勢になったり(ヒロピン)、拷問を受けるなどして苦痛を味わうシチュエーション、などを愉しむフェティシズム。(※この解説はピクシブ百科事典様よりお借りしました。)

ですので、そういった猟奇的なものがダメな方にはおすすめできないかもです。ですが、そういった要素が大丈夫でしたら、絵柄も非常に可愛らしく、凌辱もかなり極まってるので、めちゃくちゃおすすめです!

 

仮想童話は危険がいっぱい!?夢見がちな少女編1

 

画像クリックで無料試し読みへ!


 

ヒロインは有栖川音夢(ありすがわ・ねむ)。タイトルの通り夢見がちな少女……というか、現実世界よりゲームの世界にいる方が好きな少女です。そんな少女が、ゲーム世界のレアキャラ、アリスのアバターを手に入れたところから物語は始まります。

 

 

まさかのアリスになって嬉しい音夢。

めちゃくちゃ可愛いアリスの絵柄が、この段階ではすごく楽しくてかわいらしい雰囲気ですよね……(フラグを立てる)

 

 

 

アリスになれたことを喜ぶのはわずか3ページです()

 

このアバターはゲームではありえない「痛覚」を感じるということがまずわかります。腹パンされて吐瀉する場面があるのですが、このあたりからリョナ要素を感じさせてくれます。ビチャビチャと胃の中のものを吐いていく様子は、正直興奮しました。

 

 

 

ここで音夢は気づくのです。

 

ログアウトできない。そしてゲーム内で受けたダメージがそのまま、現実の肉体とつながっている……ということに。アリスとしてゲームをクリアしなければ、現実世界に戻れない。

 

物理的暴力を受けた後は当然、性的な暴力にさらされます。

「これはゲーム……本当に私が犯されてるわけじゃない」
「なのに、なんでこんなに、感じてしまうのっ」

憧れのアリスは、ただただ凌辱を受けるだけの状態になってしまいました……。

 

 

ちょっとネタバレになってしまうのですが……

 

この作品は、漫画なのにゲーム要素があるんです。これが本当に新鮮!! まず通常のストーリーがあり、アリスは諦めずに戦って「良かったね、ゲームオーバーにならなくて」とチェシャ猫に言われます。

そしてその後のミッション等の話がなされ、物語は2話目、3話目へと続いていくのですが。

 

 

この後に、if(もしも)のストーリーが展開されるのです……巻末でしっかりと。

 

それは、ゲームで言うバッドエンド。続く凌辱、痛みと苦しみと快楽に耐える無限の世界が描かれるのです。この手法は2と3でも使われますので、もう本当に、この読み応え感を味わってほしい!! そちらの画像は抜き要素たっぷりすぎて、私はそのバッドエンドの方ばかり読んでしまいました。。

 

仮想童話は危険がいっぱい!?夢見がちな少女編1のサンプルを読む、購入はコチラ

 

 

仮想童話は危険がいっぱい!?夢見がちな少女編2

 

画像クリックで無料試し読みへ!

 

続く「2」でも世界観はキープ!

 

物語の世界観は最初の1ページでほぼ語られます。

ヒロインの有栖川音夢(ありすがわ・ねむ)はアリスアバターになって、異世界にいるということ。この世界から抜け出すためのヒントを探していること。ゲームの世界なので登場キャラクターがいること。

 

 

意外と楽天的な性格でアリスアバターのプレイを続けているヒロイン。(本体は家でベッドに横になってVRつけてます。これはあくまでゲームの中の世界です)

相棒のチェシャ猫にストーリーを誘導されながら、本作でもアリスは進んでいく……のですが。何せ敵が強い。

 

しかしアリスも応戦! ゲーム世界での戦闘場面も面白いです!! そして「アリスは状態異常に弱い」「アリスがトランプのカードで召喚魔法を使って戦う」などのゲーム世界の描写も手伝って、アリスがただ単に凌辱されているわけではなく、ゲーム世界で戦っている世界観の中にしっかり入っていけます!

 

 

しかしやっぱり敵が強い。

必然、こうなります。。本作でも吐血、吐瀉描写あります。私はこの描写のあたりが一番興奮するのですが(2は吐瀉の前後のシーンもめちゃくちゃ好みです!!)

 

 

この後、アリスは凌辱され、その凌辱が「実体」にも届いていること、そして異世界・ゲームの世界だけと思いきや……恐ろしい現実が待っています。。

「2」はとにかくエッチな場面が激しく、最後まで抵抗するアリスが最高です。凌辱でしか抜けない人はこれ、持っておいた方が良いのでは……と思います。

 

ゲーム要素は引き継がれ、一旦物語が終わった後、バッドエンドバージョンも展開されます。そこが一番興奮する、という人も多いかもしれません。ノーマルエンドは、ソフト凌辱という感じで、バッドエンドが救いのない胸糞な終わり方なのですが、そういうのが好きな人もいるんですよ……(自己紹介乙)

 

 

仮想童話は危険がいっぱい!?夢見がちな少女編2のサンプルを読む、購入はコチラ

 

 

仮想童話は危険がいっぱい!?夢見がちな少女編3

 

画像クリックで無料試し読みへ!

 

いよいよ「3」まで来ました! 「3」はなんとフルカラー!

 

凌辱ものでありながら、意地でも序盤は「可愛いアリスのマンガ」の姿を取るところが、なんだか心地よくくすぐられているような、「ああ、来た来たこの作品」という安心感をくれる、そんな感じです。

「1」と「2」のあらすじをまとめてくれてます。

 

 

いよいよ「3」スタートです!!

 

今回の敵キャラは「ハートの女王」。これまでで一番可愛い敵キャラです。登場して対面する場面は「可愛い」がたくさんです。

 

 

しかしやっぱり強い。

アリスは、「遊び(ゲームし)ましょう」というハートの女王の一声によって、女王主導の「アリスが丸一日快楽に耐えられたらアリスの勝ち」という勝負に入ります。

 

 

アリスは「一日耐えるくらい余裕よ!」と思って挑むものの……。「1」と「2」で快楽に慣らされた体が耐えられるわけがない、という状況下で、思うように快楽を逃がすことができず、気持ちと裏腹に感じまくるしかない状態になります。

 

ハートの女王とアリスの百合は「3」の見どころのひとつ!! すっごく可愛い百合です。(このあとひどいことするけど)

 

 

快楽責めは止まりません。でもアリスは耐えるのです。

アリスのアクメ我慢顔!!

 

 

「3」でとうとうアリスはお尻の穴を開発されてしまいます。

「そ……なとこ弄っても何もなっ」
「大丈夫……おしりなんかで感じるわけな」

 

しかしお尻の穴は、子宮とすごく近いところにあり、開発されてくると膣以上の快感を得る人もいるくらいです。。アリスは性の感受性がものすごく豊かであるため、お尻で得られる快楽をすべて一身に受け止め、気を失うような快楽責めに遭います。。

 

 

「背骨をなでられると、下半身がふわふわして、足の震えがとまらない」

もはや直接性器を触られることなくイケる体になったアリス。本編全部読むとわかりますが、アリスの感じる顔は最高です。スケベが詰まってます。

 

 

アリスはアクメ顔がものすごく可愛いので、ぜひ本編でお楽しみください……アクメ我慢顔からのアクメ顔で、もう男も女も関係なく抜けること間違いなしです。

 

仮想童話は危険がいっぱい!?夢見がちな少女編3のサンプルを読む、購入はコチラ

 

 

「お尻なんかで感じるわけない!」と言い切るヒロインが必ずお尻でアクメする現象に名前をつけたい今日この頃です。今回のアリスも最高でした!!

 

 

番外編:仮想童話は危険が一杯!? IFボロ負けバッドエンド編

 

画像クリックで無料試し読みへ!

 

番外編も購入!! こちらは「1」と「2」の後のアリスが描かれていますが、もちろんこれ単体で読んでも意味がわかるように、あらすじと解説があります。

「3」と同じくこちらもフルカラー!

 

媚薬エッチに耐えるアリスからスタート。アバターも「巨乳」に変更されて好き放題やられます。。

巨乳が好きな方はこの作品が一番いいかも。

 

 

デバフ……魔法で不利な状態にされたことを言いますが、作中何度かこの言葉も出てきます。本当にゲームの中にいるみたいな漫画です!

今回は「絶頂出来なくする淫紋を描かれる」ので、アリスはアクメできません。どんなに気持ち良くてもイケないんです。

 

 

焦らされるアリス。ここまでは気丈に耐えている様子が見られます。

 

 

しかし、敵は甘くありません。。新たな刺激でアリスを堕としにきます。一番感じる部分(クリ)にきっちりローターを貼り付け、常に感じる状態を続けながらさらにバイブで女性器の中を攻めています。

それでも降参しないアリスに対し……とうとう敵は「指でお尻の穴を攻めて」きます。これで3点責めが完成し、アリスは「絶頂できない淫紋」さえなければとっくに絶頂する状態に持って行かれます。

 

 

「おしりなんて、気持ちよくないはずなのに」

 

「お尻なんて気持ちよくない」と言ったヒロインがお尻でアクメする法則は今回も適用されるのでしょうか……!?

 

「お腹の奥がズンって重くなって、中がずっとムズムズして、それを意識したらクリトリスがどんどん敏感になってくっ」

これは……お尻の感じ方をものすごく的確に言葉にしていますね……アリス、女性器全体が感じているから、お尻でも感じてますね……。女性器の感覚が鋭敏になっている時の後ろの穴からの刺激たるや……想像するだけで鳥肌が立ちます。

 

この物語もゲームのように2つのエンドがあります!!
エロゲはふだんプレイしない、という方は漫画でエロゲっぽい「2つのルート」を見られるので、ぜひ試しに読んでみて欲しいです!!

 

仮想童話は危険がいっぱい!?IFボロ負けバッドエンド編の試し読み、購入はコチラ

 

 

あとがき

凌辱作品とひとくちに言っても、いろんなタイプがあります。アリスは「堕ちない」ようにかなりがんばるタイプなので、簡単に堕ちてしまう(メス堕ちする)タイプの凌辱より、ギリギリまでガマンする女の子を見たい方には、本作は超おすすめです!!

 

すっごい小さな気づきなんですけど……アリス、右の胸の方がちょっと大きいですよね?   左右の大きさがちょっと違うように見えます。なんかそれがたまらなく人間らしくて、より入り込めたのは私だけでしょうか。。

 

レビューは以上です!

 

星名めいと先生の作品はこちらの「アリス」シリーズ以外にもありますので、ご興味がある方はどうぞ。

矢印キー(星名めいと先生)の作品一覧はコチラ

 

 

過去に、星名めいと先生の作品で「現実世界とリンクした」作品を紹介しています!! こちらの方が刺さる方には刺さると思います。設定がすごいんですよ……記事だけでも読んでみてください!

こんなアイデアどうやって出すんだろ……っていうくらい創作物として面白いです!

星名めいと(サークル名:矢印キー)さんの「茉莉」ちゃんシリーズまとめ
...

 

また素敵な作品を紹介しますね♡
それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました