「催眠能力で清楚なお嬢様女子学生を従順なドスケベアナル狂い女に変えてアナルセックス三昧(てぃらみすたると様)」その激しすぎる作品への感想・レビュー……!!

エロ同人

今日は激しいです!!

アツく、激しい作品の紹介です!! アゲアゲで読んでいただけたら嬉しいです!!

調教モノの作品がお好きでしたら、アナル調教前段階のフェラや前戯イカセの調教だけでも充分楽しめると思います! アナル調教に入ってからは「がっつりアナル編」になりますが、両方楽しめます!! けしてアナルだけの作品ではないです。

しかし……ひとたびアナル調教編に突入すると、アナルの特性や調教の進め方など、もうドキドキする展開♡ ヒロインがとっても美少女なので、ぜひ一緒に読んでいきましょう♡

 

「催眠能力で清楚なお嬢様女子学生を従順なドスケベアナル狂い女に変えてアナルセックス三昧(てぃらみすたると様)」感想・レビュー!

パッケージ
同人サークル・作者 てぃらみすたると様
販売価格 880(税込み) 
ページ数 72ページ!!
ジャンル お尻・ヒップ・拡張・辱め・アナル・おもちゃ・制服・フェラ
見どころ 前半の調教場面でのヒロインの変化と、後半のとてつもないアナル拡張!!
評価 エロさ :★★★★☆(少し人を選びますw)
絵・CG:★★★★★
物語性 :★★★★☆

 

あらすじ

命令すればどんな事でも従わせられる【催●能力】に目覚めた底辺のおっさん。手始めの獲物としてお嬢様女子学生に目をつけ、催●能力を使い「自分はどスケベな女だ」と洗脳する。

ディルドや電マ等の玩具も使って、清楚だった女子学生を自分好みに仕込み誤認させアナル狂いへと堕とす。

物語の最初の最初で、主人公となる「底辺のおっさん」は、催眠術を使います。

「君たちの学校で綺麗な子は誰かな?」

催眠にかけられた女子生徒たちは、うつろな目で答えます。

「……うちらの学校には綺麗な先輩が何人もいます」
「中でも特に素敵で人気があるのが、三年の白石麗香先輩です
「ルックスはもちろん、性格も優しくてお淑やか、とある財閥の一人娘です」

底辺おっさんは、白石麗香を自分のアパートに来させるよう、この女生徒たちに伝えさせます。

 

「こんな所で相談したい事って何かしら。下級生の子が困ってたから引き受けたけど……なんか変な感じがしたのよね、あの子たち……」

さすが、鋭いです。無防備にアパートに入ったりはしません。
しかし、底辺おっさんはそこも見透かしており……物件の前で待ち受けていました。

すかさず麗華に催眠をかけてしまいます!!

 

 

底辺おっさんに偶然目覚めたという催眠能力。どうやら触れると催眠をかけられて、一度かかったらそう簡単に解けない催眠のようです。(離れていてもかかったままにできるようす)

「私……白石麗華は……おじ様の……モノです……」

まず言わされたのがこんな言葉でした。

 

 

その後は主従関係を徹底的に教え込み、すべて麗華に覚えさせていきます。一度覚えたことは忘れないようにできている催眠のようで、麗華はどんどん「底辺おっさん」のことを「ご主人様」と思うようになり、「自分から会いたい人」「エッチしたい相手」「この人の言うことを聞きたい」という状況に持ち込まれます。

「好きっ」

と言いながらのフェラ。フェラ場面はバキューム顔から喉奥ハメ顔まで表情豊かですが、この紹介記事では、麗華の顔が崩れていない部分だけにとどめます。

 

 

「んっ♡ぷりっぷりのお精子ぃ♡」

しっかり口の中で味わってから飲み下す麗華。

 

 

もちろん調教はここで終わるということはなく……!!

 

 

美少女にやりたい放題! アナルが開きっぱなしになるハード調教!

ここから、少しハードな調教に入ります。麗華は本来の麗華の感じ方で「痛い!」等言いますが、

「君は痛いのが好きな変態だろう?」

という底辺おっさんの一言でさらに催眠がかかり「痛いのが好きな変態」へと人格が変化してしまいます!!

「もっとっ♡もっとお仕置きしてくださいぃぃ♡食い込みで痛くされるの気持ちいいんですっ♡」

 

「おじ様の指、おじ様のゆびぃ♡」

麗華のトロけ具合いもかなり進んだ頃……

 

 

いよいよ始まります……!! タイトルにもなっている「アナル狂い」への調教が……!!

「アナル中毒になるくらい可愛がってあげようね」
「麗華ちゃんの肛門は、この酸っぱい感じがたまんないねぇ(美味い美味い)」

まずはアナルを擦ったり舐めたりすることで、感じるようにしていきます。

 

そんなことを繰り返すうち……

麗華のアナルは「くぱぁ」とぽっかり開くまでになってきました。

毎日の開発ってとても大事です……それをやらずに大きなものを入れてしまうと、うまく筋収縮できずに筋組織が切れてしまうので、大切に開発するのが大事だと思います。

今作で底辺おっさんを「偉い」と思った唯一のポイントが「毎日きちんと麗華のアナル開発をした」ことです。

 

いよいよ成果を見せる時です!!

床に取り付けた特大ディルドで、アナニ―(アナルオ●ニー)をするように命じます。麗華はやはり「こんな大きいの無理……」と言いますが「麗華ちゃんが大きいのが欲しいって言ったんだろう?」と催眠ですべて納得させます。

結果……すっかりほぐされたアナルは極太ディルドをしっかりと飲み込んで、苦しさとお尻の痛さはあれど、何とか入ります。

「痛いのも感じる変態さんだからもっと速く動かせるだろう」

という催眠で、高速ピストンもこなします。

 

 

激しいピストンを繰り返し続けた結果……

麗華は勢いをつけすぎてディルドが抜け、半分気を失ったようになっています……。

 

ここから、いよいよアナルを……!!

想像していることはおそらく全部やります。モザイク有りでかなり描写は少ないですが、スカ要素もあります。お尻でできることを全部やりきった感のある、疾走感たっぷりの作品です!!

 

 

あとがき

この作品はとても……とてもギリギリのラインを攻めている作品です……! 私はこの作品が大好きで、大好きすぎて単作紹介記事を書いています。

ちなみに、私の紹介の方針として「女のコが可愛い顔をしているページ以外載せない」というのがあります。この作品には、フェラの時の吸い付くお顔や、トロけているお顔、エッチなお顔がいっぱいあります。ただ、私が紹介する際にはそういうのは載せていません。アへ顔もカワイイ感じでなければ載せていません。

実際にページをめくっていただければ、ヒロインのいろんなお顔が見られることを約束します。

催眠モノなので仕方ないのですが、基本は正気を保っているときのこういう顔を紹介するようにしています! 今回のヒロインは容姿端麗・たおやかで、学校でも評判の美少女です!

最後にヒロインの「正気の顔」でお別れしましょう!
麗華さん、素敵な物語をありがとう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました