ショタがメス堕ち!?あかざわREDの「おねえちゃん」に、股間も背筋もゾクゾク!!

使用済み

ライター名を決める時に、管理人から
「エロサイトっぽい名義で頼む」
と言われ、【使用済み】という名前にした、使用済みです。

エロマンガで「使用済み」というと、中出しされた女の子のお尻に書き込んだり、「使った」後に男目線でいう言葉です。(女性からすると生身の体に「使う」という言葉を当てられること自体を嫌がる人がいますけどね)

こういう精子がこぼれてるマンコの絵って最高に良いですよね

当然、逆のパターンもあります。
ドM向けのエロ本では、男が逆に【使用済み】になるケースもあります。

なんで、こんな話をしているかと言うと…今回の作品は「使用済みにされる」方の作品だからです

そうです、男は童貞でかつ処女として生まれてくるのです!
男は性豪にもなれるし、メス堕ちすることもできるのです!!

 

…というわけで、「ショタのメス堕ち」を描いた作品がこちらになります。

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_136688%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

あらすじ

主人公は、「白」ちゃんという同年代の女の子に片思いしてました。

あかざわREDが描く幼女はかわいいなぁ〜

しかし、白ちゃんの姉である、翠さんに告白されました。
お姉さんにおねショタされたい人生だったぜ…。そして、セックスします。(この間、なんと2ページ!!
翠さんと肉体関係になりつつも、白ちゃんへの思いは断ち切れない主人公…。
そんな彼を翠さんは、調教することにします。

ギャグやエロマンガ特有の描写に見えて、実はセクシーな嫉妬!

イジワルなセックスだったものの…それでも、彼は翠さんを求めるようになってしまいます。
そして、童貞のみならず、処女まで奪われてしまいます…。

衝撃!ショタがメス堕ちする瞬間!!!

男なのに挿れられる快楽を覚えてメス堕ちしてしまった主人公くん…。

果たして、白ちゃんと翠さんどちらを選ぶのか!?

邪道のように見えて、年上セックスの王道に沿ってるからわかりみが深い…

内容だけを見ると
おねショタでかつ、おねえちゃんがショタのアナル開発を行って前も後ろも自分のものにする
という極めて業の深い作品です。

それはもう、オスとしてのプライドがズタズタになるほどです!

二重の意味でメス堕ちする主人公ショタ

あまりにもぶっ飛んでて、これ自体をギャグ的に楽しめる作品だと思います。

しかし…ぼく個人的には、
「年上の女性の魅力に快楽漬けにされる気持ちも、年上の女性を嫉妬させてしまう状況も、とても共感できるなぁ〜」
と思いました。

もちろん、ぼくはおねショタなんかされたことないですよ!?
でも、過去に肉体関係になった女性には10歳以上年上だったのです。

だから、この作品の主人公が翠さんに好かれていることに対して実感が湧かなかったり…逆に、「同年代の子と付き合ってみたい」と思っていると嫉妬を招いて、セックスや普段の会話でイジワルされたりするのはちょっとわかるんです。

で、年上の女性からのイジワルって…的確でかつセクシーです。
女心をわかってもらうために、少し拗ねてみたり…
後々気持ちよくなれるようにエッチ前・エッチ中に焦らしてみたり、
最終的に見て、愛情が深まるようなイジワルをうまーくできるセクシーさがあります。

同年代の子や、若い子みたいに目的のないイジワルや不機嫌な態度をほとんど取らないので、ぼくは逆にかわいいと思います。

個人的な女友達・女の兄妹がいない人にとって、女の子のイメージは学生時代に教室で奇声をあげてる謎の生物なんです。
肉体的にはキレイでそそるものの、行動がいまいち読めない不思議な生き物なんです。

だから、年上の女の人の理路整然とした女心の出し方や、お互いが幸せになれるようなプレイの提案は好きです。

異常性癖に見えて、実は意外と等身大な年上彼女の嫉妬流石に、アナル開発はやめてほしいよ!?
だけど、自分にゾッコンな年上の女性が、やったこともないプレイを提案してくれたり、それとなくやってくれることで愛情を示してくれる…そういう姿としてみると、この作品は意外と等身大を、恋愛を描いていて、年上の女性から愛される喜びと、自分が知らない刺激を体に刻み込まれる悦び…その両方に思いを馳せて、股間と背筋をゾクゾクさせてしまうのです!!

短い作品でありながら、エロさ・ストーリー・画力の三拍子揃う作品です。
一度、お手にとって見てはいかがでしょうか…。

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_136688%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

 

同人だから楽しめる人気作家の意外な作風

今回は「おねえちゃん」以外に、もう1つ語っておきたいことがあります。

それは、著者があの「あかざわRED」先生であることです!
この人、商用作品と同人作品が、若干違うんです。

女性が責める側に回る「逆レイプもの」を多く描いているのは同じです。

でも、商用ではロリ系作品の人として知られています。
あかざわRED先生の代表作「ろりパコ」。…ハイエースするぞ!!

ゴリゴリにロリをメインにした単行本を出しているあかざわREDですが…同人作品では、ロリの割合が少ないのです。(※ロリもあるにはあります)

「あかざわREDのREDは、赤玉のREDじゃ!
赤いランドセルのことだと誰が言ったぁあ!!」
「同人サークルの紙粘土コーポ(KAMINENDO.CORP)の名はな、
男がカラッカラになるまで絞るという強い意志表示じゃあ!!!」
と言わんばかりに、ロリではない美女がショタを逆レイプすることに特化した作風に特化しています。

それも、一般的な逆レイプ作品にありがちな「プレイ」感がないのです。
男の性癖が歪んだり、男が干からびる…という、男が犯されてる感じのする逆レイプ作品をガッツリ描いてます。

今回紹介したおねえちゃんは、そんな同人での作風を短く凝縮した作品です。

サキュバス好きなら「ぼうけんのしょ」シリーズを読もう!!

エロ本の題材としてサキュバスはものすごく多い。
でも、このシリーズほどサキュバスをサキュバスらしく描いた作品は他にないと思います!!

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_111316%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

サキュバス自体、オタク系の作品ではやり尽くされているジャンルですよ!?
でも、「エロいけど、実際には遭いたくない」と思うぐらい怖いサキュバスを描いている人って意外といないんです。

サキュバスはやっぱこうじゃなくっちゃ!!

エロエロお姉さんとそんな大差ないサキュバスも好きなんですよ!?
なんの不満もなくて「エロエロお姉さんすこすこ」ですよ!?

でも、本当に命ごと男の性を搾り取るサキュバスにはね、
エロエロお姉さんにはない、エロさと背筋のゾクゾク感があるの…。

 

ショタのメス堕ち(※快楽堕ちの側面強め)

人間同士の男女が「共依存」になることはあるのですが…サキュバスのエッチはむしろ「男に依存させるエッチ」に特化してるから…もうエロさも、迫力も違いますよね。

快楽漬けにされすぎて、ついには【幸せな家畜】ですよ…。

あかざわREDの同人作品が、股間も背筋もゾクゾクするのは【幸せな家畜】へとメス堕ちするからです!
プレイ自体が豪快でものすごくエロくて興奮すると同時に、男の精を捕食するケモノの顔を見せつけられる…ドMでなくとも、これだけどっぷりとセックスを促してくれる女性の存在は、とても興奮します!!

「おねえちゃん」と合わせて、一度お手にとって見てはいかがでしょうか。

https://al.dmm.co.jp/?lurl=https%3A%2F%2Fwww.dmm.co.jp%2Fdc%2Fdoujin%2F-%2Fdetail%2F%3D%2Fcid%3Dd_111316%2F&af_id=yoshikitanak-006&ch=toolbar&ch_id=link

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました